2014年08月29日

奈良工房の研修生募集開始です!

奈良工房の研修生募集開始です!
「日本仕事百貨」さんに募集の記事が掲載されました。
熱心な取材をもとにした記事と動画。
今回の工房立ち上げに強く共感して頂き、今までにないくらい力が入っているそうです。
募集に関しては、ぜひそちらもご覧ください。
→ 「日本仕事百貨」

奈良・吉野でやろうとしていること

木工芸家徳永順男と鍛冶師大原康彦氏の出会いによって生まれたカンナフィニッシュの家具。
 その木本来の美しさや手触りを持つ生命感溢れる仕上がりは、日本古来の技術で作り出される鉋の切れ味によってもたらされます。

 「鉋仕上げをして、はじめて木のほんとうの表情を見れた気がします。日本にしかない鉋、そして500年にわたり植林されてきた木。日本の培ってきた技術を、家具という形で伝えていきたい。そう思うんです。」

この秋、奈良県吉野郡に新たな家具工房をはじめることになりました。

吉野地方は500年の歴史を持つ造林史上最古と言われる植林の地であり、日本を代表する木材「吉野杉」の産地。
工房はその入り口、下市町の小高い丘の上に出来ます。

その基本理念は、機械による大量生産品が当たり前になった今、技術を持った作り手が直接木と向き合い手を動かす、という「人」の感じられるモノづくりを復興すること。
この工房はそうして出来上がった物の魅力をもっと広く普及するため、個人工房ではなく、高い技術と意識を持った職人集団の工房にしようとしています。
それは同時に、鉋仕上げの技術を核とした手仕事を生業とできる環境を作り上げようとすることでもあります。

給与は発生しませんが、2年間の研修期間(寮生活)にかかる生活費は保障されます。
木工に関する現時点での経験は問いません。
鉋仕上げの技術を習得しつつ、工房を軌道に乗せていく。
自ら先頭に立ってやってやろうという志しある若者をお待ちしています。

なお、この工房は徳永工房弟子の森幸太郎が研修生の指導、運営を担当します。
また淡路島でアトリエKIKA木工工房を構える北島庸行さんもこの工房を立ち上げるにあたっての基本理念に賛同し、企画運営から研修生の指導のサポートをしてくださいます。





募集要項
勤務地:奈良県吉野郡下市町
仕事内容:鉋の技術と家具作りのノウハウの習得。工房の立ち上げに伴い、鉋のエキスパート育成に向けた研修を実施します。
雇用形態:研修生
給与:研修期間中の二年間は寮生活(家賃、光熱費、食費は保障)とし、給与無し。
勤務時間:8:30〜18:30
休日:日曜日
応募資格・条件:
特になし。未経験者可。 
ただし、奈良県の支援事業なので、住民票を奈良県の工房に移して頂く必要があります。
採用予定人数:5名
求める人物像:
これから始まる事業なので、将来の仕事が保障されているものではありません。それでもその可能性を信じ、技術の習得そして事業の成功のために常に前向きに努力できる人を募集します。
募集期間: 2014.8.29(金)〜9.18(木)(18日までに履歴書を送付ください。)

選考プロセス:書類選考→面接→採用

9月13日(土):下市町で説明会と工房見学。(二日前までに徳永家具工房まで申込)
9月18日(木):履歴書締め切り、必着。
9月20日(土):面接(下市町)
9月下旬採用者決定。
工房の改修工事が終了次第(10月下旬予定)研修をスタートして頂く予定です。

問い合わせ・応募先
徳永家具工房
〒673-1119 兵庫県三木市吉川町鍛冶屋304-1
TEL/FAX: 0794-73-1546
Mail: tokunaga.style@gmail.com
URL: www.tokunaga-furniture.com
posted by 徳永家具工房 at 22:39| インフォメーション